丈夫なストーンペーパーで名刺作り【石のような紙】

業者に頼む

SLの三つ折りチラシ

本を電子書籍端末に取り込んで読むため、裁断機でバラバラにしてスキャンすることを自炊と言います。しかし、自炊を行うのはかなり大変なので、本を送ってくれれば代わりに行いますという業者が存在します。こういった業者を自炊代行業者と呼びます。 自炊代行は裁断機、スキャナー、パソコンの三つがあれば始められるサービスなので、個人や会社がたくさん事業に参入しましたが、現在は法律の問題などもあって以前よりは少なくなっています。 ただ、自炊代行業者が集まって、きちんとしたルールを決めようという流れがあるのが一般的です。

では、自炊代行業者を利用する場合はどういったことを気をつければいいのでしょうか。 一番のポイントは業者のレベルを見極めるということが大事です。たとえば、料金はまったく同じでも、個人で運営していて本一冊をデータ化するのに半年かかる業者と、会社で運営していてデータ化は一週間で出来るという業者であれば、当然、後者の方がいいわけです。 自炊代行業者のホームページには、今、データ化を依頼した場合、データを渡せるまでにどれぐらいかかるのかという目安が出ていることがありますが、あくまでも目安であり、遅れることもあります。 業者によっては、一冊あたりの料金は高くなるものの、優先してデータ化するというコースを用意しているところもあるので、信頼出来る業者で、そういったコースを選べば速くデータをもらうことが出来ます。